検索結果:98件


◆交通計画・物流計画

道路整備に関わる調査・計画及び整備効果検討や人・自転車・自動車の移動に関わる管理・運用など、道路交通が抱える様々な問題について幅広い提案を行います。

令和2年度 ウィズコロナのビジネスモデル事例調査

ウィズコロナ時代の道路・交通分野の新たなビジネスモデルの検討」のための基礎資料整理として、主に民間市場の現状及び見通し等について検討した。道路空間を再配分して医療・衛生ステーション、自転車走行空間、カフェやソーシャルディスタンスを保つための公共空間等へ転換している事例やドローンやロボットを活用したラストマイル運送の事例を分析しウィズコロナ時代の新たな道路・交通の在り方を検討した。

令和2年度 K町都市計画道路見直しに係る将来道路交通需要予測による影響検討業務

都市計画道路見直し検討の一環として、道路網、交通状況の現況を把握や前回都市計画道路プログラム等の上位計画の整理等を基に、交通量推計(現況データ作成、現況再現性の検証、将来データ作成、将来交通量予測(整備有無))を実施し、将来交通量、混雑度の算出結果からネットワークの検証及びとりまとめを実施した。

令和2年度 S地区新規事業資料作成補助

自動車専用道路の新規事業化に関する資料作成、既開通区間における整備効果資料作成、一般道4車線区間の道路空間再構築の必要性検討、道の駅間の距離が長い区間における道の駅の設置構想取り纏め、複数箇所のハーフICにおけるフルIC化の必要性と想定される効果検討など自動車専用道路に関する多岐にわたる検討資料作成を実施した。

令和2年度 バイパス道路整備効果検討作業補助(他2業務)

交通量の多い幹線道路のバイパス計画の整備効果について、主に円滑性、安全性の視点から道路の必要性を検討した。具体的には、沿線地域の社会経済状況や、並行する現道の旅行速度、死傷事故率の現状等を整理し、既存の地域課題、道路交通の課題、対応策などの結果をとりまとめ、委員会資料案の作成を行った(前年度からの継続業務で、主に推計交通量や最新データによる更新を行った)。

令和2年度 幹線道路の安全対策に関する資料作成補助(他2業務)

本業務は県内全域の交通安全対策検討に関連し、危険な区間の抽出、安全対策の効果検証、過年度のフォローアップを行い、委員会資料を作成し、報告書にとりまとめた。危険な区間については、県内で発生する事故の特性(事故類型)、関係機関や地元の要望などを考慮した“選定指標”を設定し抽出した。安全対策の効果は、対策実施前後による死亡事故、死傷事故の件数の変化より検証を行った(前年度からの継続業務で、主に最新の事故データによる更新、新たな区間抽出を行った)。

令和2年度 舗装維持修繕計画策定作業補助(他12業務)

九州地方のK市の管理道路を対象に、路面性状調査結果に基づく舗装のひびわれ等の現状を整理するとともに、過年度の道路状態より舗装の劣化予測式を作成し、幹線道路の舗装のひび割れと修繕費用の予測を行った。また、修繕候補箇所の優先度評価、年次計画(今後10年間の修繕費用の設定)を行った。