検索結果:9件


◆自然環境調査・計画

国立公園など自然豊かな地域において、生物多様性保全に関する調査研究、自然環境を利用した体験学習プログラムづくりや施設計画、そのための組織づくり、運営支援などを行います。

平成22年度 千鳥ヶ淵等環境改善検討調査

環境省所管の皇居外苑濠のうち、周辺地域とのかかわりが深く一般利用も多いが水質悪化が見られる千鳥ヶ淵において、既に策定済みの皇居外苑濠管理方針・水質改善計画の推進とあわせて、千鳥ヶ淵独自の環境改善のためのプラン(「千鳥ヶ淵再生プラン(仮称)」)を策定することとなった。本業務では、平成23年から本格的に検討する「千鳥ヶ淵再生プラン(仮称)」検討の準備作業として、専門家、関係者の参画のもと一般傍聴者も募り勉強会を開催。自然環境、景観・サクラ、利用・環境教育、水質の各分野について情報収集、論点整理を行った。

平成22年度 雲仙天草国立公園雲仙地域再整備計画等策定業務

雲仙天草国立公園(雲仙地域)が25年後に国立公園指定100周年を迎えるのを機に、25年後の同地域のあるべき姿を示し、それに向けた具体的な活動を開始するための雲仙天草国立公園雲仙地域再整備計画及び雲仙温泉集団施設地区の再整備基本計画を策定する業務。地元有志を中心としたワーキンググループとともに、島原半島の住民、関係者、観光客へのアンケートやヒアリング、あるもの探し等を実施し、様々な角度からの意見やアイデアを踏まえ、プランを検討した。

平成20年度 会津駒ケ岳・田代山・帝釈山地域景観保全管理方針検討業務

平成19年8月に日光国立公園から独立・誕生した尾瀬国立公園に編入された「会津駒ケ岳」「田代山・帝釈山地域」を対象に、その自然環境と景観を保全するための利用管理や施設整備の方針を明らかにすることを目的に実施した調査。
前年度に取りまとめられた骨子案を充実させ、より現実に即したものとするために、別途実施された「平成20年度尾瀬国立公園拡張地域湿原及び登山道調査」及び「平成20年度尾瀬国立公園拡張地域利用動態調査業務」の内容を整理し、検討会で関係者の合意を得た上で本地域の保全と利用に関する対策の方向性を示し、景観保全管理方針として取りまとめた。なお、当社の業務には湿原及び登山道調査のとりまとめも含んだ。 詳細情報(PDF)